ビル管理事業

事業内容

ビルや建物の中で水はあらゆる用途に使われます。 毎日使う大切なものだからこそ、適切な管理は欠かせません。 柾木工業は長年培った確かな知識と技術を基に給排水設備の保守点検・清掃を行うことで、 お客様に安心と満足を提供していきます。
building_img01.jpg
給水設備清掃作業
building_img02.jpg

アパート・マンション等の飲み水を安心してご利用できるように、
年1回水タンクの清掃をしましょう。

貯水槽とは、各家庭や事務所に供給する水を事前に溜める為に設置された水槽です。 これらの貯水槽や高置水槽を定期的に清掃・洗浄する事が重要で、安全で衛生的な水を皆様に供給できるように心がけております。
給水方式にはいくつか種類があり、建築物の規模や構造にあった給水システムが設置されています。 給水設備保守点検作業は、水槽本体、給水ポンプユニット、給水管、水質検査、付属の機器などの点検、整備を行い、安全で安定した水の供給を守っています。
当社では点検時に発見した不備箇所の改修工事から、槽内外のライニング塗装等のご提案もさせて頂きます。
当社で清掃・洗浄・点検から改修工事までお受けすることができます。お気軽にご相談下さい。

作業手順

給水設備保守点検作業
後日、清掃・点検報告書と水質検査報告書をお届けいたします。

簡易専用水道

貯水槽の有効容量が10tを超えるものについては、水道法により簡易専用水道に該当しその衛生管理については、設置者の責任となります。 簡易専用水道の設置者には、水道法で施設の適正な維持管理と定期点検の受検が義務付けられています。 簡易専用水道設置者の責務は以下の通りとなっています。


簡易専用水道設置者の責務

届出

●大阪市簡易専用水道管理運営指導要網

簡易専用水道を使用して給水を開始したときや、届出の内容に変更が生じたときは、所轄の保健所長に届出しなければなりません。

施設管理

貯水槽の清掃  ●水道法第34条の2第1項・施行規則第55条第1号

貯水槽の清掃を1年ごとに1回、定期的に行うこと。

給水施設の点検  ●水道法第34条の2第1項・施行規則第55条第2号

(1)貯水槽周囲の点検
水槽周辺は清潔に保ち、ゴミや汚物等が置かれていないこと。
(2)マンホール
施錠がされていること。
ふたはしっかり固定されていること。(特に高置槽。)
ボルトナット・パッキン等が劣化していないこと。
(3)通気管
本体が破損していないこと。。
防虫網が取り付けられており、破れ等のないこと。
(4)オーバーブロー管
下向きになっており、先端に防虫網が取り付けられていること。
ドレンとの間に空間が確保されていること。
配管・防虫網に破損のないこと。
(5)水槽内部
水あか、鉄さび等の汚れのないこと。
浮遊物や異物の混入、藻の発生等のないこと。
(6)水槽上部・本体
へこみ、穴や破損のないこと。
水槽上部に物が置かれていないこと。
亀裂水漏れのないこと。

水質検査実施  ●水道法第34条の2第1項・施行規則第55条第3号

給水栓において、水の色、濁り、臭い、味等に異常が無いか確認すること。
又異常が有ったときは速やかに給水施設を点検するとともに、水質検査を実施すること。

給水停止・利用者への通知  ●水道法第34条の2第1項・施行規則第55条第4号

飲料水が汚染された場合、または汚染の恐れがある場合には、ただちに給水を停止し利用者に対して周知を図るとともに、保健所に通報して、その指示に従うこと。

定期検査

・水道法第34条の2第2項・施行規則第56条第2項

水道法に基づき、1年以内ごとに1回、厚生労働大臣の登録を受けた検査機関の検査を受けることが義務付けられています。

・水道法54条第8号

上記規定に違反した場合は、100万円以下の罰金が処せられます。

小規模給水施設の衛生管理

(大阪市では)

受水槽の有効容量が10t以下の施設は大阪市小規模給水施設の維持管理
に関する指導要網に基づき、簡易専用水道に準じた衛生管理が必要となります。

building_img03.jpg

Page Top