廃棄物事業

事業内容

地球環境問題が深刻化する中、増え続ける廃棄物の再資源化の必要性が重要視されてきています。 当社はお客様より委託された廃棄物を、法に基づき、用途に応じた車両を用いて円滑に処分場まで収集・運搬することで、環境保全と廃棄物の適正処理の一翼を担っています。

産業廃棄物

産業廃棄物とは
産業廃棄物とは、企業や工場などの事業者から排出される廃棄物のうち、廃棄物処理法により定義されている事業活動に伴う廃棄物のことを言います。

以下の20種類です。

1. 燃えがら 焼却残灰など
2. 汚泥 工場廃水処理や物の製造工程から排出される泥状のもの
3. 廃油 潤滑油、洗浄用油、食用油などの不要になったもの
4. 廃酸 酸性の廃液
5. 廃アルカリ アルカリ性の廃液
6. 廃プラスチック プラスチック類の不要になったもの
7. 紙くず 建設業、紙製造業、製本業などの特定の業種から排出されるもの
8. 木くず 木材製造業などの特定の業種から排出されるもの
9. 繊維くず 建設業、繊維工業から排出されるもの
10. 動植物性残査 食品製造業などの原料として使用した動植物で不要になったもの
11. 動物系固形不要物 と畜場等から発生した動物に係わる固形状の不要物
12. ゴムくず 天然ゴムくずのみを含むもの
13. 金属くず 鉄銅または非鉄金属の切削くず、金属片など
14. ガラス、コンクリート、陶磁器くず ガラス、陶磁器くず、コンクリートのくずなど
15. 鉱さい 製鉄所の炉の残さいなど
16. がれき類 工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片など
17. 動物のふん尿 畜産農業から排出されるもの
18. 動物の死体 畜産農業から排出されるもの
19. ばいじん 工場の排ガスを処理して得られるばいじん
20. 上記19種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの(コンクリート固形物など)
収集運搬

当社の産業廃棄物収集運搬資格内容


都道府県 許可番号












































大阪府  第2700005512号
大阪市 第6610005512号
兵庫県 第2804005512号  
京都府  第2600005512号    
奈良県  第2900005512号    
 
当社は上記エリア、品目で収集運搬業務を行っております。

積み替え保管
  許可番号 産業廃棄物の種類
大阪市 第6610005512号 汚泥


当社は大阪市において産業廃棄物収集運搬積替保管を含む許可を取得しています。

産業廃棄物の処理方法

産業廃棄物は排出者である事業主様が責任を持って保管し、処理(運搬・処分)する事が法律で定められています。しかし、場所や人手の関係から、都道府県などの許可を受けた許可所業者に農業産業物の処理を委託するのが一般的です。 その際、産業物を適正に処分した事を証明する証明書(マニフェスト)を発行する必要があります。 マニフェストとは、産業廃棄物の不適切な処理による環境汚染や不法投棄問題などの解決のため、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に使用するものです。マニフェスト発行には、委託処理に関する事前契約が必要です。 産業廃棄物の委託処理の契約は、収集運搬用と処分用で二つの委託契約書を作成し、それぞれの処理業者と契約します。契約書は2つ必要ですが、通常は1業者が両方の契約を行います。


当社は電子マニフェストをご利用している排出事業者様にご対応出来るように電子マニフェストを導入しております。
電子マニフェストを導入すると、産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書の作成、報告が不要になるだけでなく、事務処理の効率化による労務費削減効果が期待できるなどのメリットがあります。

<JWNET ホームページアクセス http://www.jwnet.or.jp/


基本的なマニフェストの流れ(積替え保管をしない場合)



廃棄物引渡し時

排出事業者は7枚複写のマニフェスト(A,B1,B2,C1,C2,D,E票)に必要事項を記入し、廃棄物とともに収集運搬業者へ渡します。収集運搬業者は廃棄物を受領する際に運搬の受託欄に記名の上、A票を排出事業者に返します。

運搬終了時

収集運搬業者は廃棄物の運搬終了後、B1,B2,C1,C2,D,E票に運搬終了日を記入し、廃棄物とともに処分業者へ渡します。処分業者は処分の受託欄に記名の上、B1,B2票を収集運搬業者に返します。
収集運搬業者はB1票を保管し、B2票を排出事業者に送付することで運搬終了を報告します。

処分(中間処理)終了時

処分業者は処分終了後、C1,C2,D,E票に処分終了日を記入し、C1票を自らの控えとして保管するとともにC2票を収集運搬業者へ、D票を排出事業者へ送付することで処分終了を報告します。
E票は最終処分が終了するまで、処分業者が保管します。

最終処分終了後

処分業者は処分委託者として自ら交付した2次マニフェストの返送により最終処分が適正に終了したことを確認したら、保管していたE票に最終処分終了日・最終処分場所を記入の上、排出事業者へ返送することで最終処分終了を報告します。
排出事業者はA票と、収集運搬業者、処分業者から返送されたB2,D,E票を5年間保管します。


Page Top